マスクと熱中症

 戻り梅雨らしい天候も今週で終わるようです。するとまた、
猛暑・酷暑の日々を送ることになるのでしょう。熱中症はじめ
体調管理に気をつけたいところです。

 熱中症も気になりますが、新型コロナウィルス感染症の患者
増加に歯止めがかかりません。「行動制限はしない」「夏休み」
「お盆」などを考えると、まだまだ増加は続くと考えられます。

 注目されているオミクロンBA5株の感染力の強さを考えると
マスクは必携です。なお不織布マスクでなければ効果は限定的と
されるので、今一度マスクの素材を確認したいものです。
状況によっては不織布マスクの2枚重ねも必要かと考えています。

 ところで、気温の上昇とともに熱中症への注意喚起がされる
ようになっています。さらにマスク着用により、熱中症リスクが
高まるとの情報もあります。本当でしょうか?

 暑い環境で運動したら、マスクの有無で深部体温は変わるのか?
(熱中症の危険性に違いがあるのか?)という研究があります。
  Kato I, et al:Ind Health. 2021;59(5):325-33.
  Yoshihara A, et al:Sports Health. 2021;13(5):463-70.

 その研究によると、マスクの有無は関係ないとの結論です。
むしろ、運動量(活動量)や環境(気温・湿度・風力など)から
大きく影響を受けています。実感とかけ離れていますか?

 マスクをすると、顔面を中心に表面温度は上がります。通常の
状態なら、ここで全身から汗が出て体温を下げようとします。
全身からの発汗、顔面の温度上昇を、「体温が上がっている」と
私たちは認識しています。これが、勘違いにつながっています。

 結論です。マスクをすると、暑く感じますが、熱中症のリスク
にはなりません。
ですから、マスクを適切に着用し、感染拡大を抑えつつ、熱中症
にも気をつけながら、今年の夏を楽しみましょう。



  漢方薬と東洋医学の相談、心療内科と心の相談、丁寧な説明
 長岡の相談薬局・ひろはし薬局  TEL (0258)37-7551
     薬剤師・心理カウンセラー(公認心理師)  廣橋 義和

 ひろはし薬局LINE公式アカウント開設しました
  ID @198xhqqe  よかったら登録してください

  メールは《Re:タイトル》でお願いします。
メールマガジンの申込も随時受付中
      8hirohashi\gmail.com (\は@に変えてください)    

 薬機法の関係で、具体的な薬品名は表示を控えています。

 講演の依頼、随時受付中です。お気軽にお問い合わせください。

 訪問による出張相談・在宅相談にも積極的に応じています。
ひきこもり・うつ病などのメンタル相談、外見の気になる皮膚病相談、
病中・病後など体力低下により外出困難な場合、など遠慮なくお申し付けください
カテゴリー: 外科・整形・救急, 肺と気管支・呼吸器感染症 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。