自律神経失調症について

自律神経失調症は、図のように大きく3つのパターンに分類できると思います。
 パターンAは、交感神経が極度に亢進しているタイプで、いわゆる自律神経失調症の
中では一番多くみられます。驚き・怒り・恐怖・不安・緊張・頑張りすぎ・闘争・
ガマンなどの感情・性格と相性が良く、不眠・PTSD・パニック状態・便秘・
消化不良・食欲不振・不妊症・ED・性欲減退・高血圧・糖尿病・炎症・易感染・
慢性痛などの症状が現れます。
改善させるにはリラックスが重要で、交感神経の活動を抑える漢方薬だけでなく、
呼吸法や自律訓練法や筋弛緩法を用います。
 パターンBは、交感神経と副交感神経がバラバラに働いているタイプです。
持続的な不安・緊張・怒り・興奮などにより現れてきます。自律神経バランスの
失調・アレルギー疾患・自己免疫疾患でみられます。
このタイプの改善には、生活リズムの安定と休息・睡眠が重要です。
 パターンCは、長期にわたる疲弊により交感神経と副交感神経の働きが抑制された
状態です。ストレス社会の現代では、増加しているタイプでしょう。
失望・抑うつ・悲哀・憂愁・疲弊状態などによって容易にこのタイプになります。
心のエネルギー低下・アパシー・慢性疲労・起立性調節障害などの症状を訴え、
東洋医学でいう「気虚」に相当します。
このタイプも改善には、休息・睡眠が重要ですが、無理のない範囲で生活のメリハリ
をつけることは更に重要です。

 自律神経失調症という名称は、私ら医療人も一般の方も安易に使用されている感が
あります。治りにくい病気の代名詞的な使い方をされるほど、慢性化しています。
しかし、大多数の方が漢方薬や栄養剤などで症状は安定しますし、自律訓練法はじめ
マインドフルネスや筋弛緩法、呼吸法などにより薬の減量・ゼロ化も充分可能です。
当薬局と一緒に、貴方の快適な生活を作りませんか。