ニキビに魚はいいかも

 災害に備える、病気を予防する、どちらも重要なことと
知ってはいても、実際の行動に移す人は多くありません。
行動経済学で言えば、現状維持バイアスや将来のリスクを低く
見積もる心理が働いているようです。

 それでも、知識がなければ行動することもありませんので、
今年のセミナーでは、「魚の油、大研究」をテーマにしたことも
ありました。

 食事で摂れるもので体にいいなら、積極的に摂って病気を予防
しようとのコンセプトです。生活習慣病だけでなく、いろいろな
病気に日頃の食事は密接に関係しています。サプリメントもあり
ますが、あくまでも食事を補完するものでしかありません。

 さて、今春の欧州皮膚科学・性病学アカデミーで、ドイツの
A.Gurtler氏が発表した内容は、ニキビの人は血液中のオメガ
3脂肪酸の濃度が低かったというもの。逆にオメガ3脂肪酸が
低いほど、ニキビを悪化させるIGF-1が高いとの結果も
併せて報告されています。

 もう少し研究を進める必要はあるものの、「魚を積極的に
食べよう」との意見に反対する人はほとんどいないでしょう。
例え、ニキビがよくならなくても美味しく魚を食べられるなら
他の目に見えないメリットが微小ながらも生じているはずです。

 気になるニキビがよくなるかもと期待しつつ、魚を美味しく
食べてみませんか。ちょうど秋は多くの魚に油が載って、更に
美味しくなる時期です。



  漢方薬と東洋医学の相談、心療内科と心の相談、丁寧な説明
 長岡の相談薬局・ひろはし薬局  TEL (0258)37-7551
     薬剤師・心理カウンセラー(公認心理師)  廣橋 義和

 ひろはし薬局LINE公式アカウント開設しました
  ID @198xhqqe  よかったら登録してください

  メールは《Re:タイトル》でお願いします。
メールマガジンの申込も随時受付中
      8hirohashi\gmail.com (\は@に変えてください)    

 薬機法の関係で、具体的な薬品名は表示を控えています。

 講演の依頼、随時受付中です。お気軽にお問い合わせください。

 訪問による出張相談・在宅相談にも積極的に応じています。
ひきこもり・うつ病などのメンタル相談、外見の気になる皮膚病相談、
病中・病後など体力低下により外出困難な場合、など遠慮なくお申し付けください
カテゴリー: 皮膚・美肌, 食事と栄養・運動・リハビリ タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です