新潟県内および長岡市内の感染状況の推測

 今回の第7波の急増は、多くの人の予想を上回っているのでは
ないでしょうか。私も同様で、ただただビックリしています。
でも、冷静に分析することも重要と考えますので、大雑把ながら
現在の感染状況を推測してみようと思います。

 まず、新潟県内では、概ね1日2500人程度の新規感染者が
報告されています。ほとんどがオミクロン株とされ、濃厚接触者
は5日程度の自宅待機が必要(最近は緩和されて3日間に)と
されることから、発症リスク=感染力ではありませんが、計算の
便宜性を考えて、2500人×5日=12500人の感染者が
いつも存在するということにします。

 新潟県の人口は約220万人ですので、
12500÷220万=0.006=0.6%
おおよそ新規感染者の2~3倍が実際の感染者との報告から
県内では、約1~2%が感染者だと推測できます。

 同様に長岡市は1日300人程度の報告があり、約30万人
の人口ですから、300人×5日=1500人の感染者。
1500÷30万=0.005=0.5%
市内では、1.0~1.5%の感染者がいると試算できます。

 つまり100人いたら、1~2人は感染者がいることに
なりますので、スーパーマーケットでちょっと混んでたら
場合によっては感染しても不思議ではありません。

 ちなみに東京都は感染者を5%と推測しています。視界の
中には、必ず1人は感染者がいるような状況でしょうね。
重症化しにくいとはいえ、慎重な行動が求められているのは、
今の感染状況を考えると当たり前と言えます。


  漢方薬と東洋医学の相談、心療内科と心の相談、丁寧な説明
 長岡の相談薬局・ひろはし薬局  TEL (0258)37-7551
     薬剤師・心理カウンセラー(公認心理師)  廣橋 義和

 ひろはし薬局LINE公式アカウント開設しました
  ID @198xhqqe  よかったら登録してください

  メールは《Re:タイトル》でお願いします。
メールマガジンの申込も随時受付中
      8hirohashi\gmail.com (\は@に変えてください)    

 薬機法の関係で、具体的な薬品名は表示を控えています。

 講演の依頼、随時受付中です。お気軽にお問い合わせください。

 訪問による出張相談・在宅相談にも積極的に応じています。
ひきこもり・うつ病などのメンタル相談、外見の気になる皮膚病相談、
病中・病後など体力低下により外出困難な場合、など遠慮なくお申し付けください
カテゴリー: 肺と気管支・呼吸器感染症 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。