病は口から、健康も口から

 「口は禍の元」というけれど、病気の元でもあり、健康の元
でもあるという話。このテーマになった発端は、不妊相談にきて
いるAさんが医師からラクトバチルス属の乳酸菌がいいとの話を
教えてくれたことからです。

 ということでラクトバチルスで検索したら、確かに妊娠に良い
らしいのです。
(Cicinelli E et al. Reprod Sci. 2014 May;21(5)など)

 理屈は次の通り。女性の膣や子宮は無菌状態ではなく、粘膜を
傷害する悪玉菌もいれば、悪玉菌を阻止する善玉菌もいます。
悪玉菌の一部は子宮内膜炎を引き起こし不妊症の一因になると
されます。そこでラクトバチルス属乳酸菌が優勢ならば不妊症に
つながる子宮内膜炎も起こらないので妊娠しやすくなるのです。

 なにやら「風が吹けば桶屋が儲かる」式の展開ですけれど、
腹が張りやすい人、ガスの臭いが強い人、膀胱炎になりやすい人
などは効果が期待できるように思います。

 ただ、この内容で思い出したことがあります。15年位前に
参加した漢方勉強会で、隣に座った医師から「勤務先の産科病棟
では、妊婦にブラッシング指導をしてから早産が減った」という
話を聞いたのです。

 今や、歯周病や虫歯が生活習慣病の一因とのことは常識と言え
ますが、口腔衛生といろいろな病気は結構関係が深いようです。
高齢者の肺炎予防にもブラッシングは重視されてますよね。

 ところで、ラクトバチルス属といっても200種以上の乳酸菌
が認められていて、大切なのは特定の菌種だけを摂取したり、
増やしたりするのではなく、多様性が重要なのです。そのために
いろんな種類の食物を食べることが大事だと考えます。

 死語となった「1日30品目」ですが、「1週間30品目」が
達成できてない人は、食事が偏っているかもしれません。
ビタミン・ミネラルの補給源としての野菜や海藻、たんぱく源は
肉類のほか魚や卵や大豆など、食物繊維は野菜や海藻やキノコに
加えて炭水化物からも多く摂れます。

 健康な身体作りとしての栄養も極端に多かったり少なかったり
すれば、病気の原因にもなります。食事から楽しみを奪うほど
厳密にする必要はありませんが、楽しみつつも健康を意識した
緩やかな食品摂取を続けたらいいと考えています。


  漢方薬と東洋医学の相談、心療内科と心の相談、丁寧な説明
 長岡の相談薬局・ひろはし薬局  TEL (0258)37-7551
     薬剤師・心理カウンセラー(公認心理師)  廣橋 義和

 ひろはし薬局LINE公式アカウント開設しました
  ID @198xhqqe  よかったら登録してください

  メールは《Re:タイトル》でお願いします。
メールマガジンの申込も随時受付中
      8hirohashi\gmail.com (\は@に変えてください)    

 薬機法の関係で、具体的な薬品名は表示を控えています。

 講演の依頼、随時受付中です。お気軽にお問い合わせください。

 訪問による出張相談・在宅相談にも積極的に応じています。
ひきこもり・うつ病などのメンタル相談、外見の気になる皮膚病相談、
病中・病後など体力低下により外出困難な場合、など遠慮なくお申し付けください
カテゴリー: 健康論・相談哲学, 食事と栄養・運動・リハビリ タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です