セルフメディケーションで損をする人

 高齢化社会は医療費の増大を伴います。だから厚労省は、
日本の保険制度を維持するためにセルフメディケーションを
推進しています。(規制緩和の圧力も加わっていますが)

 セルフメディケーションによって医療費の増大がどの程度
軽減できるか私にはわかりません。ただコストだけでなく
医療を資源とみた場合、医師などの労働環境は間違いなく
改善に向かうと思います。

 例えば、市長選などがあると必ずと言えるほど「小児の
医療費を無料にする」という公約が出ます。当選すれば
無料になり、小児科医は多忙を極め、ついには疲弊して
倒れるなど、小児医療の破綻の原因になっています。

 小児科を例にしましたが、似たようなことは他の科でも
起きています。本当に必要な時に医療を受けるために、
「軽い段階では自分の判断で薬などを使用してください」
とセルフメディケーションに期待しているわけです。

 ところで、何でもかんでも自分自身で判断するのが
セルフメディケーションなのでしょうか?一般住民の
医療知識は確かに向上しています。医療情報へのアクセスも
容易になりました。

 その一方で、膨大な医療情報の中から妥当な情報を選べる
人は何割くらいいるのでしょう。情報の中には、残念ながら
悪意に満ちた情報もあります。以前は正しくても現在の医療では
間違っている情報も混じっています。

 適切な情報が得られなければ、その情報に基づいたセルフ
メディケーションは、不適切ということになります。費やした
お金だけでなく、時間(日、月、年)も無駄となり、元の
病気が悪化でもすれば、医療にも大きな負担をかけます。

 だから、セルフメディケーションで損をしないためにも、
セルフチェックで違和感や不安を感じたら、身近な医療者に
意見を求めるのがベターあるいはベストと考えています。
たぶん、この身近な医療者が「かかりつけ○○」と呼べる
専門家なのでしょう。

 その上で、どのような選択肢から何を選択するかは情報を
吟味して決定していくという流れが、大切なことだと思います。
これは近年の協働意思決定(SDM)の動きも見据えた中で
私が考えていることです。

 先日行ったセミナーのテーマは「健康生成論」でした。
同年代と比べ、どうしたら若く健康でいられるのか? を
考え、実践するものです。

 このときに、あれもこれも良いでは、お金が底をつく
でしょうし、無駄も生じます。限られた予算の中から、
その人の体質やリスクを考慮し、効率よい健康法を提案
するのが、プロとしての私らの仕事だと考えています。

 セルフと専門医療との間を橋渡しするのが、かかりつけ
○○との協働作業であり、体質やリスクを考慮するとなれば
1~3か月くらいの間隔で定期的にチェックするのが良い
と考えます。

 背景が理解できていればこそ、セルフメディケーションで
大丈夫なのか、受診すべきなのか、などの適切なアドバイスも
行えます。結果的に、時間とお金と医療資源を一番効率よく
運用できるのではないでしょうか。



 漢方薬と東洋医学の相談、心療内科領域の心の相談、丁寧な説明
 長岡の相談薬局・ひろはし薬局  TEL (0258)37-7551
     薬剤師・心理カウンセラー(公認心理師)  廣橋 義和

 問い合わせはこちらからどうぞ

 ひろはし薬局LINE公式アカウント開設しました
  ID @198xhqqe  よかったら登録してください

  メールは《Re:タイトル》でお願いします。
メールマガジンの申込も随時受付中
      8hirohashi\gmail.com (\は@に変えてください)    

 薬機法の関係で、具体的な薬品名は表示を控えています。

 講演の依頼、受付ています。お気軽にお問い合わせください。

 訪問による出張相談・在宅相談にも積極的に応じています。
ひきこもり・うつ病などのメンタル相談、外見の気になる皮膚病相談、
病中・病後など体力低下により外出困難な場合、など遠慮なくお申し付けください
カテゴリー: 健康論・相談哲学 | タグ: , , , | コメントする

冷え症を「ゆで卵モデル」で考える

 「シンプル イズ ベスト」
私の漢方の恩師、寺師睦宗先生がよく話していたフレーズです。
できるだけ簡略化して考えることはとても重要です。しかし、
簡略化し過ぎて理論と現実が離れてしまっては元も子もありません。

 その例として「冷え症」をとりあげます。
いろんなところで「冷えには○○がいい」と言われます。
例えば、ショウガ。テレビで、雑誌で、スーパーで、、、、。

 確かにショウガは温めますが、どこを温めているのでしょう。
そして、最終的に冷え症は解消されているのでしょうか。。。
大きな過ちは、身体を一つの塊と単純化し過ぎたことにあると
私は考えています。

 そこで「ゆで卵モデル」の提案です。内臓など身体の中心部を
黄身に、皮膚や手足などの末梢組織を白身に例えます。
このモデルでは、ショウガは白身を温めます。その熱源は黄身で
黄身の温かさを血流で白身に運ぶことで「手足が温かい」と
感じます。

 白身に相当する末梢組織では、保温がしっかりできてないと
どんどん放熱します。「身体の温かさ」は、血流によって黄身
から白身に移動し、最終的には体外へ放出されます。
よって、同時に黄身を温めないと体温は低下していきます。
つまり、更に冷えます。

 ただ通常は、筋肉や内臓の運動による基礎代謝があり、飲食に
よって発生する食熱もあり、どんどん冷えていくということは
ありません。でも、どこを温めているのか? と考えなければ
温めるつもりが、逆に冷やすことになると知っておいてほしい
のです。

 実は、東洋医学ではショウガを加工した乾姜(カンキョウ)も
あります。この乾姜は身体の中心部を温めるのです。
末梢を温める成分ジンゲロールが加工によって減り、中心部を
温めるショウガオールが増えてくるのです。

 ゆで卵モデルで考えると、発熱時に使用する葛根湯にジンゲ
ロールが豊富な生姜(ショウキョウ)を用い、基礎代謝も衰え
芯から冷えている場合に用いる四逆湯にはショウガオールの
多い乾姜が使われることが理解できます。

 本題に戻ります。
冷え症を考えるときは、冷えの部位をゆで卵に当てはめて、
より適切に対応することをおススメします。

 ちなみに、白身だけが冷えているタイプ、白身も黄身も冷えて
いるタイプ、黄身が極端に冷えているタイプ、黄身は温かいのに
白身が冷えているタイプ、など様々なタイプがあります。
それぞれ対応は異なりますので、上手く改善しない場合は
専門家にお声掛けください。



  漢方薬と東洋医学の相談、心療内科領域の心の相談、丁寧な説明
 長岡の相談薬局・ひろはし薬局  TEL (0258)37-7551
     薬剤師・心理カウンセラー(公認心理師)  廣橋 義和

 問い合わせはこちらからどうぞ

 ひろはし薬局LINE公式アカウント開設しました
  ID @198xhqqe  よかったら登録してください

  メールは《Re:タイトル》でお願いします。
メールマガジンの申込も随時受付中
      8hirohashi\gmail.com (\は@に変えてください)    

 薬機法の関係で、具体的な薬品名は表示を控えています。

 講演の依頼、受付ています。お気軽にお問い合わせください。

 訪問による出張相談・在宅相談にも積極的に応じています。
ひきこもり・うつ病などのメンタル相談、外見の気になる皮膚病相談、
病中・病後など体力低下により外出困難な場合、など遠慮なくお申し付けください
カテゴリー: 漢方薬・東洋医学, 血液・総合診療・全身の不調 | タグ: , , | コメントする

12月のセミナーのお知らせ

 今年も残り1か月となりました。
県内でも雪が観測され、いよいよ冬の到来です。
今年1年のセミナーを締めくくるアンコールセミナーです。

第20回セミナー
テーマ : あの人の元気の秘訣~健康生成論から考える~

内容 : どうして、あの人は元気なのか?(予防とは異なる健康作り)
     どうして、あの人は少ない薬で済んでいる?(賢い患者になる)
     どうして、あの人は治るのが早いのか?(回復力の秘密)
     健康寿命を延ばす視点(健康生成論とセルフチェック)
              など

日時 : ①12月16日(土)10:30~
     ②12月19日(火)18:30~
     ③12月21日(木)13:30~   1~1.5時間程度

定員 : それぞれ4~5名(先着順)

会場 : ひろはし薬局

参加費: 500円(年会費を支払った方)
     今回のみ参加の方 800円

申込 :
  電話 0258-37-7551 または
  メール8hirohashi\gmail.com(\は@に変えてください)から



  漢方薬と東洋医学の相談、心療内科領域の心の相談、丁寧な説明
 長岡の相談薬局・ひろはし薬局  TEL (0258)37-7551
     薬剤師・心理カウンセラー(公認心理師)  廣橋 義和

 問い合わせはこちらからどうぞ

 ひろはし薬局LINE公式アカウント開設しました
  ID @198xhqqe  よかったら登録してください

  メールは《Re:タイトル》でお願いします。
メールマガジンの申込も随時受付中
      8hirohashi\gmail.com (\は@に変えてください)    

 薬機法の関係で、具体的な薬品名は表示を控えています。

 講演の依頼、受付ています。お気軽にお問い合わせください。

 訪問による出張相談・在宅相談にも積極的に応じています。
ひきこもり・うつ病などのメンタル相談、外見の気になる皮膚病相談、
病中・病後など体力低下により外出困難な場合、など遠慮なくお申し付けください
カテゴリー: イベントなど, 健康論・相談哲学 | タグ: , , | コメントする

入浴による突然死を防ぐために

 もう少し紅葉を楽しみたいと思ってはいますが、急に冷え込み
気分は冬モードです。でも、秋という季節柄、温泉旅行を楽しんで
いる方も多いのではないでしょうか。

 私事ですけど、5年ほど前に町内の方が温泉入浴中に亡くなり
ました。交通事故と違って報道されることは少ないのですが、
入浴中の死亡事故は交通事故の2~3倍とされます。

 先日、鹿児島大学の勝山らが、近年のデータをまとめ、報告し
ました。それによると、1年の入浴関連死の半数が12月~2月に
集中しています。まさに危険な時期に突入するわけです。

 死亡した人の90%が65歳以上であり、男女差はありません。
そして、飲酒していた人は4%で、アルコールの影響は入浴死に
関する限り認められません。
(大多数の方の予想を裏切る結果ではないでしょうか)

 勝山らのすごいところは、気温との関係も調べたことです。
自律神経系が関係するのでしょう。1日の最高気温が平均で
13℃以下(鹿児島県)、1日の気温差が10℃あると入浴
関連死が発生しやすくなるとしています。

 確か、秋田県の消防がまとめた報告では、居間・脱衣場・
湯温の寒暖差もリスク要因としてありました。
芯から温まる入浴は、これからの時期の生活では楽しみの一つ
でしょう。

 ただ、楽しみが悲しみに変わらないよう、室内外の温度差を
気にしながら、安全な入浴を、あるいは温泉旅行を心がけ
ましょう。もちろん、脱水症にも注意してください。



  漢方薬と東洋医学の相談、心療内科領域の心の相談、丁寧な説明
 長岡の相談薬局・ひろはし薬局  TEL (0258)37-7551
     薬剤師・心理カウンセラー(公認心理師)  廣橋 義和

 問い合わせはこちらからどうぞ

 ひろはし薬局LINE公式アカウント開設しました
  ID @198xhqqe  よかったら登録してください

  メールは《Re:タイトル》でお願いします。
メールマガジンの申込も随時受付中
      8hirohashi\gmail.com (\は@に変えてください)    

 薬機法の関係で、具体的な薬品名は表示を控えています。

 講演の依頼、受付ています。お気軽にお問い合わせください。

 訪問による出張相談・在宅相談にも積極的に応じています。
ひきこもり・うつ病などのメンタル相談、外見の気になる皮膚病相談、
病中・病後など体力低下により外出困難な場合、など遠慮なくお申し付けください
カテゴリー: 薬・サプリメント・その他 | タグ: , , | コメントする

カレンダー配布にストレス社会を想う

 当薬局では年末恒例のカレンダー配布をはじめました。
来局される方に差し上げると「1年って、早いですね」と大抵の
方が話されます。

 時の流れを早く感じることがストレス社会と関係しているわけ
ではありません。
昨年あたりから「タイパ」という言葉を聞く機会が増えました。

 タイパとは、タイムパフォーマンスの略語で時間効率を意味して
います。若い人たちは動画を〇倍速で視聴するそうですが、効率の
良い視聴方法らしいです。

 映画、小説、音楽なども、同様。多くの情報に振り回されている
ようで気の毒に思えます。「急げ!」「早く!」などと急かして
育てたことが影響しているのでしょうか。。。

 しかし、それだけに留まらず、身体や心にも影響が現れている
のではないかと私は危惧しています。効率優先の資本主義の弊害は
あちこちに出ています。同じように効率を優先するあまり
交感神経が働き過ぎているのではないでしょうか。その弊害は?

 私のところでは、そう思える相談が本当に多くあります。
年末にかけて片付けることもたくさんあるでしょう。でも、、、
そんなときほど、のんびりと過ごす気持ちの余裕を持ちたいもの
です。

 敢えて何もしない「無」の時間を過ごせるようになると、たぶん
ストレス病と言われる多くの病気は早く治るようになります。
薬も効きやすくなります。何もしないときに、傷ついた心と身体は
回復しているのですね。「安静」とか「静養」って大切なんです。

 カレンダーを配布しながら、ふと、そんなことを想いました。
この文章を最後まで読んだ貴方は、タイパの良い人とは言えない
かも。でも、読んでくれて、ありがとうございました。


  漢方薬と東洋医学の相談、心療内科領域の心の相談、丁寧な説明
 長岡の相談薬局・ひろはし薬局  TEL (0258)37-7551
     薬剤師・心理カウンセラー(公認心理師)  廣橋 義和

 問い合わせはこちらからどうぞ

 ひろはし薬局LINE公式アカウント開設しました
  ID @198xhqqe  よかったら登録してください

  メールは《Re:タイトル》でお願いします。
メールマガジンの申込も随時受付中
      8hirohashi\gmail.com (\は@に変えてください)    

 薬機法の関係で、具体的な薬品名は表示を控えています。

 講演の依頼、受付ています。お気軽にお問い合わせください。

 訪問による出張相談・在宅相談にも積極的に応じています。
ひきこもり・うつ病などのメンタル相談、外見の気になる皮膚病相談、
病中・病後など体力低下により外出困難な場合、など遠慮なくお申し付けください
カテゴリー: 健康論・相談哲学, 精神・こころ・心療内科・心身医療 | タグ: , | コメントする

止まらない咳を止める視点

 「漢方相談をやっていて良かった」と思えることの一つに
咳の相談があります。とにかく、咳に効くたくさんの漢方薬が
あるのです。ただ、効果を上げるためには、それらを使い分ける
知識が必要ですけれど。。。

 専門的には、3週間以上続く咳を遷延性咳嗽、8週間以上
続いている場合は慢性咳嗽と呼んでいます。そして、咳は
とにかく止めればいいという単純なものではありません。

 最近、新たな鎮咳薬が登場していますが、ジヒドロコデイン
などと同様、無理やりに咳を鎮める作用があります。簡単に
言えば、咳の原因とは関係なく咳を止めるように働きます。

 咳は、遷延性・慢性という期間で区別するほかに、乾性・湿性
という性状で区別したり、咳喘息・アトピー咳嗽のように反応
する薬剤で区別したりと、いろいろな分類法があります。

 私は、解剖学的診断プロトコルを意識して相談に当っています。
(Arch Intern Med 1977; 137: 1186-1191)
これは咳を引き起こす神経の分布と、刺激の神経伝達に注目した
考え方です。

 例えば、咽喉にある神経が刺激された場合と、気管支や肺の
神経が刺激された場合では、咳の出方も異なるため使用する
薬(漢方薬など)は違ってくるのです。

 さらに、東洋医学的な乾性・湿性や熱性・寒性などの概念も
併せて、どのような理由で咳が止まらないのか(病態仮説)を
推理して、回復に必要な漢方薬を選択・提案するのです。

 具体的に数えたことはないものの、30~40種類の漢方薬が
咳に使用されます。これでも充分といえないでしょう。しかし、
当薬局に訪れる咳の相談(大多数は病医院を受診済み)では、
問題なく対応できているのも事実です。

 止まらない咳を、無理やり止める方法はデメリットが多い
ので、できるだけ相談するようにしていただけたらと思います。
その際、当薬局ではいろんなことを伺いますので、時間の余裕を
持ってお出でください。


  漢方薬と東洋医学の相談、心療内科領域の心の相談、丁寧な説明
 長岡の相談薬局・ひろはし薬局  TEL (0258)37-7551
     薬剤師・心理カウンセラー(公認心理師)  廣橋 義和

 問い合わせはこちらからどうぞ

 ひろはし薬局LINE公式アカウント開設しました
  ID @198xhqqe  よかったら登録してください

  メールは《Re:タイトル》でお願いします。
メールマガジンの申込も随時受付中
      8hirohashi\gmail.com (\は@に変えてください)    

 薬機法の関係で、具体的な薬品名は表示を控えています。

 講演の依頼、受付ています。お気軽にお問い合わせください。

 訪問による出張相談・在宅相談にも積極的に応じています。
ひきこもり・うつ病などのメンタル相談、外見の気になる皮膚病相談、
病中・病後など体力低下により外出困難な場合、など遠慮なくお申し付けください
カテゴリー: 漢方薬・東洋医学, 肺と気管支・呼吸器感染症 | タグ: , , | コメントする

糖尿病と「しめじ、えのき、こがに、かきは」

 猛暑から一転、温度の急降下で体調管理に不安を覚える人も
多いのではないでしょうか。一方、食欲の秋ですから、秋が旬の
美味しい味覚にも気持ちは流れます。

 ということで、本題の糖尿病の話題へ。
糖尿病は、慢性の経過を辿る中で、いろいろな合併症を伴って
ゆきます。ざっくり言って10年くらい老化が早く進むとされます。

 有名な合併症は「しめじ」と呼ばれる、神経障害、目の障害
(網膜症)、腎障害です。これらは、細い血管が糖尿病で傷つき
神経や目の網膜や腎臓にダメージを与えることで発症します。

太い血管が傷つくと「えのき」です。壊疽、脳梗塞、狭心症
(心筋梗塞などの虚血性心疾患)
と、いずれも致命的な病気に
なります。

 他にも「こがに」と呼ばれる、骨粗鬆症、がん、認知症が
あり、糖尿病の方は発症リスクが高まることが知られています。
そして「かきは」は、肝障害(脂肪肝)、筋量減少、歯(歯周病)

にも注意が必要です。

 合併症を予防するカギは、血糖管理や血圧管理などです。
ただ、その基本にあるのが食事や運動で、初期の糖尿病では
生活習慣の改善などで糖尿病が治ることがあると新潟大学の
曽根教授らが発表しました。

 ポイントは、いかにインスリンを分泌する膵臓の負担を軽く
するかに、かかっています。特に初期は、膵臓も完全に弱って
ないので、早く負担を軽くできれば糖尿病も治るわけです。

 「しめじ、えのき、こがに、かきは」は、健康寿命を延ばす
ため、医療費の負担を軽減するためにも、気をつけたいものです。
食事や運動に加えて、私は漢方薬やサプリメントなどで、その
応援ができればと考えています。


  漢方薬と東洋医学の相談、心療内科領域の心の相談、丁寧な説明
 長岡の相談薬局・ひろはし薬局  TEL (0258)37-7551
     薬剤師・心理カウンセラー(公認心理師)  廣橋 義和

 問い合わせはこちらからどうぞ

 ひろはし薬局LINE公式アカウント開設しました
  ID @198xhqqe  よかったら登録してください

  メールは《Re:タイトル》でお願いします。
メールマガジンの申込も随時受付中
      8hirohashi\gmail.com (\は@に変えてください)    

 薬機法の関係で、具体的な薬品名は表示を控えています。

 講演の依頼、受付ています。お気軽にお問い合わせください。

 訪問による出張相談・在宅相談にも積極的に応じています。
ひきこもり・うつ病などのメンタル相談、外見の気になる皮膚病相談、
病中・病後など体力低下により外出困難な場合、など遠慮なくお申し付けください
カテゴリー: 内分泌・代謝・糖尿病・メタボリックシンドローム | タグ: , | コメントする

19回目のセミナーを開催します

  「性格を変えたい」
このようなニーズに対して、心理士の立場はいろいろとあるように
感じていますが、私は「性格は変えられる」という立場で相談者に
対応しています。

 その際、私の使うツールが「自己成長型エゴグラム」です。
この自己成長型エゴグラムを使って、自分の性格を把握し、弱い
部分を強化(すなわち自己成長)することで、性格が少しずつ
変わるかと思います。

 そのような内容でのセミナーです。相手を変えることは難しい、
けれど自分の性格をどう変えたらいいのか? と悩んでいる方に
おススメします。
詳細は以下に。

テーマ : 性格を変えたいと思ってる人に ~エゴグラム~

内容 : 手始めに自分の性格を知ろう
       交流分析のエゴグラムによる性格パターン
     どのように変えたらいいのか?(自己成長型エゴグラム)
     性格の成り立ちと人生脚本  など

日時 : ①11月25日(土)10:30~
     ②11月28日(火)18:30~
     ③11月30日(木)13:30~ 1~1.5時間程度

定員 : それぞれ4~5名(先着順)

会場 : ひろはし薬局
 にて

参加費: 500円+(年会費500円)
     今回のみ参加の方 800円(年会費0円)

申込 : 電話 0258-37-7551 あるいは
     メール 8hirohashi\gmail.com(\は@に変えてください)

 あなたが今よりも明るく生活を送ることができますように!



  漢方薬と東洋医学の相談、心療内科領域の心の相談、丁寧な説明
 長岡の相談薬局・ひろはし薬局  TEL (0258)37-7551
     薬剤師・心理カウンセラー(公認心理師)  廣橋 義和

 問い合わせはこちらからどうぞ

 ひろはし薬局LINE公式アカウント開設しました
  ID @198xhqqe  よかったら登録してください

  メールは《Re:タイトル》でお願いします。
メールマガジンの申込も随時受付中
      8hirohashi\gmail.com (\は@に変えてください)    

 薬機法の関係で、具体的な薬品名は表示を控えています。

 講演の依頼、受付ています。お気軽にお問い合わせください。

 訪問による出張相談・在宅相談にも積極的に応じています。
ひきこもり・うつ病などのメンタル相談、外見の気になる皮膚病相談、
病中・病後など体力低下により外出困難な場合、など遠慮なくお申し付けください
カテゴリー: イベントなど, 心理療法・心理カウンセリング | タグ: , , , , , | コメントする

いわゆる「おでき」の治し方

 私事で恐縮ですが、2週間ほど前に左の脇下にコリコリとした
しこりを触れました。一瞬、焦りましたが、よく観察してみると
毛嚢炎のようなので一安心。ただ、大きさは直径7mm位、高さ
3mm位と比較的大きく育って(?)います。

 触れると軽い痛みもあり、外科的に切開する必要があるかなと
案じながら、いろいろと予定がつまっていることもあり漢方薬を
飲むことにしました。

 選んだのは、キジツやキキョウなど3種類の生薬でできた漢方薬。
即効性や治療効果を高めるには、生薬数の少ない漢方薬の方が
良いのです。

 翌日、ちょっといい?かも(期待混じりで)。翌々日は確実に
小さくなっていることが確認できました。さらに3日間ほど
続けて、ある程度小さくなったのを確認して漢方薬は終了。
残りは、私の回復力で無事に治しました。

 このような皮膚付属器の感染症にも漢方薬は使われます。
私のようなケースでは通常、抗生物質で2~5日様子を見て、
だめなら切開するのが一般的な治療法でしょう。

 過去の相談を振り返ってみると、ものもらい(麦粒腫)や
乳腺炎などにも効果がありました。どれも思い出すと、かなり
悪化した状態で相談に来られました。なぜか、土曜の午後が
多いのは、病医院が閉まっているからなのでしょうね。

 ただ、全てのケースで上手くいくわけではありません。
例えば、痔核のように血行障害で静脈瘤が病態となれば、
使う漢方薬は駆瘀血剤になるわけです。

 血行障害を改善する駆瘀血剤と、皮膚付属器の感染症に使う
発表剤とは効き方が異なります。なので、そこは、専門家に
相談しながら選ぶ方が確実になります。

 一般的に、長期間飲むイメージが強い漢方薬も、短期間で
効果を上げる(上げなければならない)場合があります。
私の使用したケースを例にして、急性病に対する漢方薬の
効果を紹介させていただきました。


  漢方薬と東洋医学の相談、心療内科領域の心の相談、丁寧な説明
 長岡の相談薬局・ひろはし薬局  TEL (0258)37-7551
     薬剤師・心理カウンセラー(公認心理師)  廣橋 義和

 問い合わせはこちらからどうぞ

 ひろはし薬局LINE公式アカウント開設しました
  ID @198xhqqe  よかったら登録してください

  メールは《Re:タイトル》でお願いします。
メールマガジンの申込も随時受付中
      8hirohashi\gmail.com (\は@に変えてください)    

 薬機法の関係で、具体的な薬品名は表示を控えています。

 講演の依頼、受付ています。お気軽にお問い合わせください。

 訪問による出張相談・在宅相談にも積極的に応じています。
ひきこもり・うつ病などのメンタル相談、外見の気になる皮膚病相談、
病中・病後など体力低下により外出困難な場合、など遠慮なくお申し付けください
カテゴリー: 漢方薬・東洋医学, 皮膚・美肌 | タグ: , , , | コメントする

不登校やひきこもりへの支援策

 2、3日前の新聞で、小中高生の不登校に関する記事が紹介
されていました。文科省の調査によると、22年度は21年度に
比べて不登校者数が22%増加したとのことです。

 さて、現状の問題を解決する考え方として、私たちはしばしば
因果論に基づいて原因を探ろうとします。
「なぜ2割も増加したのか?」「何が原因なのか?」などと
探索を始めます。

 ただ、近年の傾向から考えると原因がハッキリしないケースの
方が圧倒的に多い印象を私は持っています。この場合、原因探しは
徒労に終わったり、責任を誰かに転嫁(これが正解ならいいものの、
冤罪のように無関係だったら、、、)したりと、あまり喜ばしい
結果にならないのではと私は危惧します。

 そこで、家族療法の視点を紹介します。家族療法では、不登校を
その家族の関係性によって、たまたま表面化した現象と捉えます。
たまたまその子の不登校という形で現れただけで、他の誰かが
うつ病を発した可能性もありますし、タバコや市販薬などの
物質使用障害だったのかもと考えます。

 ですから家族療法では、家族の関係性に注目して、その関係性が
変化するような働きかけを行います。具体的には親子や夫婦の
コミュニケーションに働きかけることが多くあります。
コミュニケーションの変化に伴い、不登校も自然と解消に向かう
ことがほとんどです。

 ただ家族療法に懐疑的な家族や非協力的な家族メンバーがいる
など家族の事情もさまざまですけれど、このような治療法もある
ことを知っておいてもらえたら幸いです。

 誤解しないで欲しいのですが、家族療法では「その家族」に
問題があるという視方もしません。不登校になった子も被害者で
あり、家族もまた被害者なのです。

 ちょっとしたボタンのかけ違いが、たまたま「不登校」という
形で表面化しただけなのです。因果論では責任を押し付け合う
不幸が起こり得ますが、家族療法は家族メンバーの幸福度を
高める働きもあると思います。


  漢方薬と東洋医学の相談、心療内科領域の心の相談、丁寧な説明
 長岡の相談薬局・ひろはし薬局  TEL (0258)37-7551
     薬剤師・心理カウンセラー(公認心理師)  廣橋 義和

 問い合わせはこちらからどうぞ

 ひろはし薬局LINE公式アカウント開設しました
  ID @198xhqqe  よかったら登録してください

  メールは《Re:タイトル》でお願いします。
メールマガジンの申込も随時受付中
      8hirohashi\gmail.com (\は@に変えてください)    

 薬機法の関係で、具体的な薬品名は表示を控えています。

 講演の依頼、受付ています。お気軽にお問い合わせください。

 訪問による出張相談・在宅相談にも積極的に応じています。
ひきこもり・うつ病などのメンタル相談、外見の気になる皮膚病相談、
病中・病後など体力低下により外出困難な場合、など遠慮なくお申し付けください
カテゴリー: 小児・子どもの心身症, 心理療法・心理カウンセリング | タグ: , , , | コメントする